清月堂本店
ほろり、やさしい口どけのひとを想うお菓子。銀座で百有余年、清月堂本店の代表銘菓「おとし文」。

清月堂本店の代表銘菓「おとし文」

「おとし文」は、たまごを餡に煉り込んだ、 おだやかで上品な甘さのお菓子。 東北地方の指定農家から届く卵。 香り高く、しっかりした甘さの北海道産小豆。 伝統の手づくり製法をまもり続ける徳島産の和三盆。 どれも素晴らしい素材を使いました。

菓銘の由来

むかし、身分の違う御武家様に恋をした女性がおりました。
かなわぬ想いを筆にしたためたものの、
渡せずに丸めて川に流したその様を「おとし文」といいました。
「筆をおとす」はかない恋文を想わす「おとし文」。

上品な甘さと、ほろりやさしい口どけに
ひとを想う心を重ねて「おとし文」と名付けました。

しぐれを作る、熟練の技

濃厚な黄身餡を上品なこし餡で包んで
蒸し上げた「おとし文」。
蒸すことで餡の味がまろやかになり、
外側に美しい「しぐれ(ひび割れ)」が作られます。

しぐれを作る、熟練の技
ホロホロとした食感を生む、この「しぐれ」を
作るのが職人技のひとつでございます。
餡の状態や熱の入れ加減で割れ方が変わるため、
熟練の職人が毎日手作業で蒸し上げております。

日本産の美味しい素材。

岩手県の契約農家から届く卵、
香り高い北海道産小豆、
伝統の手づくり製法の徳島産の和三盆、
どれも素晴らしい素材を使いました。

「清月堂本店」


明治40年以来、百年以上の歴史を重ねる「清月堂本店」。
洒落と粋の街・銀座で愛される和菓子を作り続けています。




黄色くない、黄身しぐれ。

中にこし餡、外側に黄身餡を使うのが
一般的な黄身しぐれです。
ですが、「おとし文」は逆になっています。
外にこし餡、中に黄身餡とすることで、
ほかにはない深みのある味わいを生み出しました。
また、餡に和三盆を加えることで、
品のある甘さを引き出しています。

販売員の声

・しっとりした食感、緑茶にぴったり合う一品です。
・四季を問わず楽しめるお菓子です。
 ほろほろとした優しい口溶けで、心もほろほろになります!
・上品な甘さで、何度食べても飽きがこない美味しさです。 仕事の合間や一息つきたいときにぴったりの一口サイズです。ふわふわほろほろとした食感がクセになる、上品な甘さのお菓子です。 濃厚な黄身の味、しっとりしていて口の中で溶けるような食感がたまりません。 二口サイズで少し甘いものが食べたいときにちょうどいいとのお声を多くいただきます。

営業担当の声

上品な甘さの中に黄身餡の濃厚なコクがあって、絶妙な口どけが美味しいです。色々なしぐれ菓子を食べましたが、しっとりしすぎていたりホロホロ感が物足りなかったりで、おとし文に勝る食感はありません。疲れた時に食べると、優しい味と食感に本当に癒されます。長い年月をかけて受け継がれてきた味は、清月堂本店にしか出せないものだと思います。

職人の声

先輩の方々が代々作り続けてきたおとし文。ほろりと香る黄身の風味…実は私自身もファンのひとりです。私が従事する工程で一番難しいと思うのは、蒸し加減です。日々変わる気温と湿度を餡の状態に合わせ、秒単位で蒸し加減を調整しております。変わらない風味を保てるよう、これからも頑張りたいと思います。

▲pagetop