当店は明治40年8月27日に現在本店のある木挽町で創業しました。
この地を選んだのは良い井戸水が出たことからで創業時も残暑が厳しく水羊羹や葛桜が好評だったと聞いております。
当時は運河に囲まれ新橋花柳界華やかな時代でした。そんな銀座の洒落た世界をお菓子に託し皆様に喜んでいただければ幸いです。

清月堂本店 四代目 水原 康晴 


2016年06月23日
今季最後の豆大福実演販売開催決定!(6月清月堂の日)

6月27日(月)の清月堂の日は「豆大福」を実演販売いたします。 今季最後の豆大福の販売となり、次回は秋以降を予定しております。 当店自慢の豆大福は毎回ご好評をいただいております。 職人が店頭にてお作りしたものをご購入いた … 続きを読む

2016年06月13日
6月16日は「和菓子の日」

1979(昭和54)年、6月16日を「和菓子の日」とすることが全国和菓子協会によって制定されました。この日は、古くは「嘉祥菓子」にちなんで「嘉承の日」とよばれていた、和菓子にとって大変意義深い祝日。 “多くの … 続きを読む

2016年06月13日
6/16(木)麩まんじゅう実演販売のお知らせ

6月16日(木)は、和菓子の日です。 【和菓子の日とは?(スタッフブログへ)】 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 和菓子の日を記念して、銀座本店にて「麩まんじゅう」を実演販売イベントを開催いたします。 よ … 続きを読む

2016年05月23日
5月26日・27日清月堂の日イベントのお知らせ

5月の清月堂の日は、26日(木)27日(金)2日間開催いたします! 【5月26日(木)「豆大福」の実演販売】 新潟県産こがねもちを使用し、丁寧につきあげた餅生地で希少性の高い北海道朱鞠(しゅまり)小豆で炊き上げたこしあん … 続きを読む