お餅つき2016!(12月清月堂の日)

12月27日(火)毎年恒例お餅つきが今年も開催されました!

当日は強風と雨で心配でしたが、開催時間には雨もあがり、多くのお客様がご来店くださいました。
本当にありがとうございました。
つきたてのお餅のお味はいかがでしたでしょうか^^

今後も様々な企画を考えておりますので「毎月27日は清月堂の日」を合言葉に、来年もどうぞよろしくお願い致します。
お餅つき1
お餅つき2
お餅つき3

清月堂本店主催・和菓子教室を開催しました。

8月27日土曜日は清月堂本店創業109年記念日でした。
創業記念に日頃の感謝の気持ちを込め、お客様をご招待して和菓子教室を開催いたしました。


DSC_0153



今回作っていただいたのは、秋の上生菓子3種
「いが栗」「秋明菊」「月うさぎ」です。
DSC_1074

DSC_1260



我々も少々緊張しての和菓子教室でしたので不慣れな点も多々あったかと思いますが、参加者の皆様が「楽しかったです!」と笑顔でおっしゃってくださったので、ホッと一安心しております。


今回、40組を超えるたくさんのご応募をいただきました。本当にありがとうございました。
皆様の和菓子への興味・関心に触れることができ、我々も大変感動いたしました。
社長も大変満足されていて、また何かの機会に和菓子教室をやろう!と意気込んでおります(笑)その際はまたぜひ皆様ご応募くださいませ!!

職人・社員一同さらなる飛躍の心を持って励んでまいります!
今後とも清月堂本店をよろしくお願い申し上げます。

6月16日は「和菓子の日」

1979(昭和54)年、6月16日を「和菓子の日」とすることが全国和菓子協会によって制定されました。この日は、古くは「嘉祥菓子」にちなんで「嘉承の日」とよばれていた、和菓子にとって大変意義深い祝日。

“多くの方々に喜んでいただける和菓子を作るために”、”和菓子の仕事に携わる人が努力していくことを忘れないために”との決意を込めて「和菓子の日」と定められました。

*「嘉祥菓子」とは
848(嘉祥元)年、国内に疫病が蔓延したため仁明天皇が元号を嘉祥に改めました。
この年の6月16日、16の数にちなんだお菓子や餅を神に供えて疫病除けと健康招福を祈ったことが嘉祥菓子の由来とされています。その後、室町時代から江戸時代にかけ、6月16日にお菓子を供えて厄除・招福を祈願する行事が民間まで広がりました。

お餅つき2015!

12月28日、銀座本店にてお餅つきが開催されました。
今年もたくさんのご来店、ご参加をいただきまして、ありがとうございました!

DSC_0927
DSC_0958
DSC_0990
DSC_1046
つきたてのお餅でお作りしたおしるこも大好評でした!
寒い日に、ほっと温まる一杯♪(^^)
DSC_1117
来年も清月堂の日では様々な実演販売を企画中です。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。